2019年6月3日月曜日

Web連載


つい最近、我が家の子どもが就活をしまして。

「口をだすまい」と思っても、口だししちゃうんですよね。
「進捗、どう?」
子ども、こんなんです。。。

口はさまんといて!      
@いらすとやさん

たまたまその時期に、「就活に関する本を書きませんか」という企画があり、荒ぶる就活生を放置して、わしはひたすら仕事をしました。
で、版元さんのほうのAIの企画と合体した本ができあがりました。

5分でわかる10年後の自分 2030年のハローワーク

担当さんがたには助けていただきました…

んで、今、大波を超えて、子どもの就活をつらつら思い返すと、調べた通りのことが、世の中で進行中なのであることを実感しました。

そこで本の補足という形で、ウェブ雑誌に書くことになりました。
(詳しいことがわかりましたら、追って告知します)

なんというか進路を考えずに、流されるまま進学してしまうと、苦労しますね。
学生の時の自分のことですが!!

獣医になるつもりで理系の勉強してたんですが、突然獣医学部が6年制になってしまい、「うちは6年も学費は払えないのよ」と親に言われましてやさぐれて、広大の総合科学部にいったんですけど。



もしあのとき、薬学部にいけとアドバイスしてくれる人がいればなあ…
とよく思います。
たぶん薬学部を受けてましたね…(仕事に困ることもなかったであろう)
でも、当時の家庭環境は進学どころではなかったのでした。
家の中は病人だらけで、父親が高2で亡くなったから進学できた、という世の中の逆のことになりました。お金はなかったんすけどね。
理由は割愛しますが、デススパイラルな我が家の状況で、「子が生き残るには大卒資格が必要」と母親が考えてくれたからでした。

生活費カツカツ,大学四年まで泊まり込みのバイトをしてたものですから、就活の準備もなく、
ただ、面白そうという感覚だけで、目に入った印刷会社に入社して制作に放りこまれてコピーライターに。あけても暮れても企画書を書くブラックな環境で2年足らずで逃げだして無職に。
親兄弟の介護をしながら、1年半後には、小説家デビュー。
小説家になるには丁度いい経験だったのですけど。
よそ様にはおすすめできない進路でございます(´Д`)。

今もまだ生きてるのは、たまたま運がよかっただけ…