2017年7月10日月曜日

7月のTo do list

10日になっちゃいましたが、計画性をもって生産的に生きねばならぬ、ということで。

①九州北部の豪雨被害
避難されている方々や地元の方々にお見舞い申し上げます。今は、早く雨がやむよう祈るしかできないのが歯がゆいです…。

①javaの入門書を再度読む。次の本を2章まで読む。
→具体的目標設定。

②8月のボランティア講習の登録を忘れない。
③見学にいく
→研修がとてもとても参考になりました。
 すでにあるグループに参加するには、そこに受け入れられるかどうか、わかりませんので、実地見学をさせていただくことにしました。
 秋の講習、がんばる予定。  

④猫用具を片付ける
→猫のものをどうしても捨てられなかったのです…。
 でもようやく捨てるぐらいの心の準備ができました。

⑤カープの応援

⑥『ルドルフォ』を念頭に置く
 →ストーリーを作りつつ、好きなものも書く。

今年の前半は、自分にとってはしんどかったです。
作家としてもう必要とされてないことが、具体的につき付けられ、人生の転換を迫られまして。
年齢的に、終盤のステージに入ったわけですから、切替が必要なんですが、なかなかできなかったのですね。
定年退職する男性の気持ちって、こんなのでしょうか。

そこで、長年やってみたかったことを、ひとつずつ片付けていくことにしました。
①のJavaは学生のとき以来の目標。
②のボランティア活動も、ずーーっとやりたかったことなのです。
一歩踏み出す勇気がなくて、ためらってました。実務能力がなくて、引きこもりで、役立たずですからね。わたし(´Д`) はううう。
はじめてみると、まだ多少の順応性は残ってるようです。
うれしい…。

作家活動は、今後は趣味と割り切りました。
今は、自分を気持ちよくさせるために書いてます。

『ルドルフォ』はどんな形であれ、本になるようがっつりがんばります。自分のためにも。


4 件のコメント:

  1. 読む側どなたにも、文章の好みってあるとおもうんですけど
    中学生ごろの(確かコバルトだったと思うんですけど違うかも)読んだ著者紹介で
    「透徹な文章」とかそういう紹介のされかたをしていて
    私が好きな図子先生の文章は、出版者からみてそういう表現になるのかーと
    すごく嬉しかった記憶があります。

    先生は(個人の失礼な感想ながら)機会に恵まれず爆売れの作家さんになっておられないだけで、今もサイン会あったらまた行きたいくらい大好きです。

    先生の書く男って、完璧超人なわけじゃないのになんであんなに素敵なんでしょう。
    そしてそんな男はまわりにはいない・・・w

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。。。
      >完璧超人なわけじゃないのになんであんなに素敵なんでしょう。
      育った環境のせいで、健康な人はみな美男美女に、そうでない人も魅力的に感じるのです。つまり惚れっぽいということですw

      削除
  2. javaというか、プログラミングの勉強をされているんですね。
    自分は中学生ぐらいからプログラムを書き初めて、長じて仕事にして、今は手を引いてしまいました。

    とっかかりには、ExcelのVisualBasicなんかも簡単でいいかもしれません。
    Excelで自動処理させたりすることができますし。

    ルドルフォはずっと待っていますので、いつか完結編が読みたいです( ^ω^ )

    返信削除
    返信
    1. いつもありがとうございます! 
      プログラムの本を読んでいて、今までわかったつもりで読んでたSFを本当には理解してなかったんだなあと目から鱗でした。
      教えていただいた本、さっそく読んでみます。
      それにしても暑いでございます…

      削除