2013年10月27日日曜日

チロルチョコはすげぇよ


もう何年も前から、創作系電子書店パブーさんに、昔のコバルトに掲載された短編などを置いてます。
これは、読者さんサービスのためだったのですが、昨年末から電子書店パブーさんがkoboと連結するようになってから、売れ方が変わってきました。

以前は、電子書店の店頭で購入していたお客さんだけだったんですが、koboとの連結になってから、koboの購入者が増えて、今はほとんどkoboのお客さんだけです。


koboの店頭表示で、「値段の安い順」でソートすると、わたしの10円短編が、上位に入るからのようで…。おそらくお客様は、期限切れ前のクーポンなどがあった場合、なにか気になる本を買って、残り金額で、安いほうからソートしてランクに入ってる本を買っていると思われます。

要するに、お釣り銭購買ですね。


コンビニの店頭に置かれたチロルチョコや、ガムと同じです。

ただし、何年も放置してあるので、埃をかぶったミントガムみたいなもんですが…。


10円20円という本は、「安価すぎる」ということで、同業の方などによく怒られます。
しかし、わたしがこの価格にしましたのは理由があるわけでして、広告費用をかねてますから、効果があがっている以上、これは適正価格であったということです。
こんなふうに末端の動静がわかる、という利点もありますし。


それから、11月にでます新刊、予約ができるようになりました。





この本の企画が通ったこと自体、奇跡だと思ってます。

…本というものは、本を書く作業が5割、編集と校正が5割という商品です。
ということで、少しお高くなっておりますが、これが在庫がはけるぐらい売れてくれれば、ほかの止まっている原稿も世に出るかも知れません。。

何とぞよろしくお願いします。

5 件のコメント:

  1. 突然恐れ入ります。
    引っ越しのため、あらためて書棚を整理していたところ、図子さんのコバルト文庫を発見。
    ピュアミントの3部作、日曜日には天使とデートなどなど、学生時代に大好きだった本を
    また幾度も読みなおし、思い余って、ネットで調べてしまいました。
    ここに辿りつけてよかったです。

    姉の影響で、図子さんの本が好きになりました。
    というか、モネと順三郎がきっかけ。
    ああいう高校生になりたいと思ったものです。

    新作が出るとのこと。
    必ず買います。
    長文、ご容赦を。



    返信削除
    返信
    1. >ルゥ様
      ありがとうございます。コバルトはわたしの原点です。
      昔のように早く書けなくなりまして、ゆっくり書いてますが、これからも書き続けますので、よろしくお願いしますね。

      削除
    2. 図子先生
      わあ、レスありがとうございます。
      感動です。
      これからも応援しています。

      青りんご・毒りんごを今日も読み返してしまいました。
      モネ達が今も幸せに暮らしているといいな。

      削除
  2. 新刊、予約しました。
    中学生の頃から、根強くファンを続けております。楽しみにしてま〜す!

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。ああ、コバルトで書いててよかった!

      削除