2014年2月11日火曜日

2月だわ

情け容赦なく時間だけが過ぎております。

アンドロギュヌスの皮膚」は、予想どおり売れておりません。。。
そんなのはわかっておりますので、担当さんに申し訳なく。

古本は動いてまして、それも1100円以上になりますと、ぴたっと動きが止まることから、「本」というのは1000円以上は買わない人が多いのだなあと思ったり。
続編などだしたいと思っておりますので、最寄りの図書館、学校の図書室でリクエストなどお願いします。
刷り部数が少ないものですから、全国の学校・図書館に入ればそれでOKなんですwwよろしくお願いします

近々Kindleなどでも登場するそうです。
まあこれも売れないので、どうなるかわかりませんが…。


ミステリマガジン3月号の書評で取り上げていただいて、またちょこっと動いております。
3月号は、なんとタイバニ特集号なんですよ。
お見逃しなく。








以上、営業報告でした・・・・・・・・・・・ここまで・・・・・・・・・・・・


最近、わたしは、某ボランティアのイベント企画で四苦八苦しております。
何が障害になっているかと申しますと、人の心の中にある官僚主義なのでございます。。

無給で活動をしていて、無償でイベントの企画を立てて、なおかつどこからも補助がでないため、いざとなったら持ちだしで~という話をしていたのでございます。
ところが、
「待った」がかかりまして。

「本部の許可が必要です」



わたしは、「はあ?」。
「だってお金でないし、全員ボランティアだし、良俗に反するわけでもないのに、何で本部の許可いるのですか?」
「名前を使いますので」

え、名前が問題?



…………えーと、

わたくしが企画しておりますのは、まったく無関係な分野のイベントなのでございます。
説明しても説明してもラチがあかないので、わたしはキレました


その後、本部の某幹部メンバーが別段許可なしでイベントをおこなっていたことがわかりまして、180度転換しました。。

先例主義ってことですか!?
どんだけ官僚主義なの!?


もうやっとられん…。








0 件のコメント:

コメントを投稿