2014年6月14日土曜日

ピュアミント3がアップロードされました

一太郎徹の校正スキルもだいぶつきましたのと、創土社さんのゲラがでるまで予想より時間がありましたので、ささっと仕上げました。






ちょっとタイトルが変わりましたが、、
というか、森っぽくしようとしたら背景が灰色になってしまったんですが!!

……うーん、これはわたしの腕ではいかんともしがたく。
でも、ソフトの使い方がだいぶ慣れてきて、表紙や目次で失敗することも減りました。

一番困ったのが、公衆電話で。

当時の子たちは一歩家をでてしまうと、公衆電話しか連絡手段がなかったのですよ。
不便な時代でしたね。
だから、「物語」もさくさく進んだというか。
会わないと話になりませんから、会って行動して話がすすんだのですね。


で、『ピュアミント3』、
あとがきのあとがきに、「主要キャラの20年後」を書いてあります。
キャラの設定ですね。

お楽しみに~♪

6 件のコメント:

  1. 主要キャラの20年後ですか!
    実は私、ピュアミントシリーズは初版購入し保管しております。
    加えてウラミントも持っている程のFANでございますので、そんなおまけがあると知ったら、買わないわけにいかないです。
    どんな風に成長したのかとても楽しみです。書いてくださってありがとうございます♪

    返信削除
    返信
    1. じゅん様、、裏ミントまでお持ちとは;
      ありがとうございます(^◇^;)
      長年考えていた20年後というか40歳前後の彼らです。
      満足いただけでしょうか…

      削除
    2. 図子先生。お返事ありがとうございます。
      我慢できなくて、あとがきのあとがきから読んでしまいました。
      20年前キラキラした存在だったキャラクターたちはさらに眩しさを増した感がし、きっと20年の間に、もがいたりしつつきっちり成長したんだろうなと妄想させていただきました!
      わが身を振り返ると痛いですが(同世代なもので^^;)あのメンバーが成長するならこんな風になるだろうと、納得いたしました。
      綸堂がやっぱり綸堂でよかったです。

      本文にも修正箇所があるとのこと。これからじっくり拝読させていただきます。

      ありがとうございました

      削除
    3. あとがきのあとがきから読んでくださってありがとうございます!
      実は、このあとがきのあとがき3ページが書きたくてピュアミントを一気にKindleにしたんですが。
      コバルト作家でよかった、としみじみ思うことでございます。

      削除
  2. 図子慧様。
    ようやく、ピュアミント3、電子本版を入手することが出来、あとがきのあとがきも読ませて頂きました。
    あのメンバーたちのその後を読んで。涙が出ちゃいました。
    10代だった私も今では、モネたちと同じ年頃で、3人の子持ちですが、
    モネたちの現在の姿を想像して嬉しくなりました。モネが幸せそうで、良かった。
    本当に良かったです。
    裏ミントは残念でしたが、そちらは、空白の20年分で想像補完させて頂きます♪
    ありがとうございました!

    返信削除
  3. >みつばさま
    ありがとうございます。
    登場人物たちもわたしの中で年を重ねまして、「近況はこうなんだよ~」というのを伝えてくるのです。おお、お子さん3人! 頼もしい報告ありがとうございます(*^_^*) 

    返信削除