2014年12月18日木曜日

電子書籍の新刊『媚薬』

ものすごい冬将軍が日本列島を襲ってます。。
北国のみなさま、どうかお気を付けてください。


わたしがまだエロかった頃に書きましたホラー文庫が電子化されました。


10数年前に書いたものなのですが、ぎりぎり携帯でして。
主人公は、今ならたぶんiPhone使ってますね。自然科学系のライターでしたから。

合法ハーブを媚薬として売りだしたら――、というお話でした。
わたしとしては、そこそこ売れた作品です。

今後はちょっとBLの入りました『蘭月闇の契り』も電子化される予定です。
(これは売れなかったorz)

『蘭月闇の契り』は、ブクログのパブー(楽天koboでも買えます)さんで、短編バージョンが発売されてます。10円です。

こちらは、白泉社さんの小説花丸の創刊当時にだした100頁ものです。
どこにも収録するアテがなく、またホラー文庫で、この中編を下敷きにした長編を書いてしまいましたので、ブクログのパブーさんでださせていただきました。


また、月額324円で読み放題の、yomelさんで(スマホ、アンドロイド専用アプリ)のサイトで、
閉じたる男の抱く花は』がアップされました。
こんな素敵な表紙をつけていただきました。うれしい…。





すでに『ラザロ・ラザロ』がこちらにでておりまして、2冊提供です。

yomelさんは携帯端末でないと読めませんので、ガラケーなわたしはwalkmanで読んでおります。

若い女性向けのコンテンツが多いのですが、大森望さん紹介のミステリ、ホラーなども揃っております。
朝夕の通勤時間に本を読みたい方におすすめです。

今年さいごの更新になるかと思いますが、みなさまよい年の瀬を。

0 件のコメント:

コメントを投稿