2016年1月11日月曜日

2016年


新年といえば、カレンダーですね。
毎年、年末になればあちこちからカレンダーをいただきまして、行きつけのお店でも「来年もよろしく」と日めくりなどもらいまして、結局使わなかったり。
わたしはカレンダーをめったに買いません。
よく買いにいくのですが、店頭でものすごく迷ったあげく買わずに帰ってしまいます。

カレンダー選びというのは、おのれの深淵を、のぞくというか。
配偶者選びに似ているというか。
いやでも毎日顔を突き合わせるわけですから、自分で選べとなると、好みがでます。

無難な子猫や子犬は一年もみてると、飽きそうですし。
アートなカレンダーは、気にいったものがあればあったで、デザイン性が高すぎて、休日まで省かれていたりします。
何の休みかもわからないのでは、一年も付き合いきれません。
その点、いただきものはよくできてます。

個性を主張しない風景写真に、大安吉日月齢まで書き込まれた日付部分。
なので、毎年いたたぎものをありがたく使っていたのでした。

しかし、壁にカレンダーがかかってないのは不便です。
タブレットがあっても、カレンダー機能をチェックしない超アナログ人間ですので。
ひさびさに買いにでかけました。
うちから歩いて五分のところに、カレンダーのガレージセールのお店がありまして、毎年、企業の余りもののカレンダーをたたき売りしてます。店番しているのは、作業服をきた年配の男性です。風貌はおっちゃんですが、本当は社長とか専務とか肩書のついている方と思われます。
年末に買うものを、年があけてからモタモタいったものですから、残っているのは富士山ばっかり…。
世の中にこんなに富士山のカレンダーが多いとは思いませんでした。
(それは売れ残りだから!)
富士山でもよかったのですが、盆栽のカレンダーを買ってきました。

しかし盆栽を部屋にかけてみると、チョイスが渋すぎて気持ちが枯れてきました。
もう少しうるおう絵柄のものを、お店で買ってこようと思ってます。。。

ほかの方は、カレンダーはどうなさってるのでしょうか?
え、スマホがあれば十分?


ついでに仕事のことも少し。
完成した原稿はすでに三点ほどあるのですが、昨今の情勢で棚にあがりっぱなしになっております。
それをどうにかしないとな~と思いつつ、2016年も亀のように歩みつづけるのでした。


日々堅実に

0 件のコメント:

コメントを投稿