2011年9月30日金曜日

ページの編集がこれほど辛いとは・・・

癒し系のエロ小説を、パブーさんにアップしました。
したことのない苦労をしましたので、しつこく書きます。

『カメレオンマン2』←100円です。
(1は無料)

2の部分は、少年編の後編。
2段組で84頁ありますから、文庫だと150頁ぐらい?
もうね、表紙を描いて、デザインして(ズタボロなのはいわないで;;)版型を考えて、ルビをふって、横になったMを縦にして、と、普通に編集さんに丸投げするおまかせの過程を自分でやってみました。。

一回まとめてアップしたあと、(自分のデバイスで)めくって読めるように1ページずつ手作業で再アップロード!!!

編集者とデザイナーはこんなに辛いのか、と思うぐらい辛かったです。
もともと事務能力を欠いているってのがありますけど、それにしてもミス連発で、一回アップした80枚ぐらいを一気に消してしまうしorz

今までほんとうに申し訳ありませんでした・・・

関係者各位にお詫び申し上げます。
ルビ打つのがこんな面倒臭いとは・・・。(;´Д`)はぅぅぅ


他の人のアップ作品を読むと、本職の人はさすがキレイダナーと感動します。

パブーは正直いって探すのが大変なんですが、おすすめの一本が、高田頌子さんの


『sigma』
こんな凄いもの読めちゃっていいの、と思います。


『カメレオンマン』の後編は、近日公開。
全編に挿絵つけようかと思いましたが、さすがに腕がついていきませんでした・・・・

1 件のコメント:

  1. 100円にした理由について。
    どっちみち採算など取れないので、10円でも100円でも同じなんですが、最近パブーさんの「プロアカウント」に申し込んで、その月額費用ぐらいでるといいな~♪という下心からです。
    自費出版は、持ちだしが基本っすけど。
    みかけ上の黒字がでると嬉しいじゃないですか。
    限りなく自己欺瞞ですが…。

    プロのデザイナーさんが関わった本は、紙面も美しいです。ここまで作るとすれば、ハードとしての本の経費の3割ぐらいかかってるな、と思います。
    著者の印税含めれば、足りないのは印刷代と紙代だけ。
    そして電子書籍はハードとしての本の1割も売れないんですね。
    完全に原価を割ってます。

    本編に書いても詮無いことなので、コメントに埋めときます。

    返信削除