2014年7月27日日曜日

『無名都市への扉』


新刊が発売になっております。





以前も貼りましたが、重複で~

下の写真のはうちに届いた見本刷りです。



担当様から連絡がありまして、「テレビ局で岩井志麻子先生と、一緒にサインしていただきます」とのこと。
テレビ局にいかなくても、あっしはヒマですから、会社にいって、
ちょいちょいとサインしちゃえばいいんですけど。
何故かテレビ局にいくことになりまして。
東京MXテレビの会議室で、岩井先生とともにサインをいたしました。

そのときの岩井先生のサイン
(芸能プロダクションとの契約で、勝手に写真を撮ってはいけないのだそうです)
おかやま特産のツチノコが!


80冊の本に、サインをしたんですが…
すでにその本には、他の執筆者の方々のサインがありまして…

(やっぱり他の人は、会社でサインしたんだ…)
(あっしもそっちに呼んでくれればいいのに)

と、チラッと思いました。。。
すると、担当さまが、

「テレビ局ってはじめてだから緊張して緊張して~;」


自分たちだけじゃ不安なので、図子も呼ぶことに。
つまりあっしは担当様の付き添いだったのです……(*´Д`)萌え


大人の事情(トップシークレット)。




アンソロジーとしては、とくにクトゥルーに詳しくなくても、楽しめる内容になっていると思います。
岩井さんのどろりとした怪談「無名と死に捧ぐ」、
宮澤伊織さんのTRPGのリプレイ「無名の遺跡」、

わたしが遅刻して、GMの宮澤さんを絶望のどん底に突き落としたTRGPですが…(本当に申し訳なかったです…)
リプレイになると、遅刻に、まるで狙ったかのようなギャグ効果が! 
微妙に美化した写実的イラストが素晴らしくて、心臓には悪いものの、ちょっとうれしかったり。


「電撃の塔」は、今までのクトゥルーものに電撃ってあんまりなくて、電撃ならかっこいい男子や女の子をだせるかなあと思いまして。
純愛ものになりました。

(つまりエロがありません…てか枚数的に無理でした…)

クトゥルー神話の創設者、ラブクラフトが唯一書かなかった恋愛もの、読んでやってください。

0 件のコメント:

コメントを投稿